2008年09月27日

失敗×2

昨日今日と立て続けに二軒のラーメン屋に行って、二軒失敗した。

今回の教訓は
「名前で店に行くな。」


歌舞伎町ラーメン二郎
はっきりいって最悪のラーメンだった。
ただ脂がギトギトしてるだけなによりも酷いのが、スープが小麦粉っぽい。ベチョベチョしてる。

家で袋入り生ラーメン作るときに麺を茹でたときの湯でスープ溶いちゃったときの感じ。麺がかなり太かったから、湯切りができてなかったのか、ああいうもんなのか。とにかくそのせいか、夜中に腹下して、朝吐いた。

二郎といえば量だけど、実際にはたいしたこともない。山盛りになってるのはモヤシ、しかも茹でたモヤシがバサッと乗ってるだけ。さっぱりするでもないし、味もない。

チャーシューは美味い。味のしっかり付いた厚切りチャーシューが嬉しい。が、ラーメン屋であって、チャーシュー屋ではないのだ。


全ての二郎があんなんなのか、歌舞伎町だけなのかはわからないけれど、二郎は二度と行かないし、絶対に奨めない。
夜中に下痢と吐き気に襲われる覚悟があるならどうぞ。


今日行ったのは越谷レイクタウン内にある「ちゃぶ屋」のトンコツラーメン
「CHABUTON」

ここはね、結局豚骨の使い方が下手って感じ。
二郎に比べたらね、全然ですよ。美味いといってもいい。比べなくても美味いかな。
チャーシューもびっくりするほど柔らかくて美味しい。


じゃあ何でダメなのかというと、しつこ過ぎるのね。ある程度何がしかで口の中をさっぱりさせるタイミングが欲しいわけですわ。

そこで非常に有効なのが万能ネギなわけだけれども、ここは長ネギの刻んだのが少々。全く機能していないし、トンコツとの相性も悪い。

今食べ終わって一時間は経ったけど、まだ口の中が気持ち悪い。重い。せめて長ネギでいいから増やさないともう食べたいと思わない。

それともう一つ。
この店はフードコート内にあるから、出来上がったラーメンを取りに行って、席に戻って、それから食べるということになる。

中〜太麺ならばその程度の時間は関係ないだろうけど、残念ながらここのは(ここから27日記載)細麺なので、伸びやすい。そんなことはないのこもしれないけれど、伸びてる感があった。
これは結局客を呼ぶタイミングを作り終わってから呼ぶのではなく、出来上がる少し前に呼べば良いのだが、そこまで気が使えるかどうか。
チャーシュー丼が美味かった。
相変わらずどこいっても「丼」とは名ばかりだけれども、ここもご多分に漏れず。チャーシューご飯だろ!な量だったけれど、先にも書いた柔らかチャーシューに穴子のタレみたいなのがかかってる。
さらにご飯の間に海苔。チャーシューと海苔は相性がいいね。これは美味い。


ま、結局一回行って「ふーん」
って店だねここも。

10点満点でいえば

ラーメン二郎歌舞伎町 2点(チャーシュー分)


CHABUTON 6点


ま、不満。ってことで。
posted by boin(タ) at 08:26| Comment(4) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

二人で一人

嫁のブログからバトンいただきましたので書かせていただきます。


住人は?
31歳150センチくらい、50キロくらい。

似てる人は?

朝青龍、もしくは「ひ」


最近言った一言は?
「引退は親方に一存してます」


優勝目指してがんがえー応援すうー
posted by boin(タ) at 00:11| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

ZAN−NEN

いつもお昼は外食している。

今は眼科の検査員をやっているので、眼科の休診時間が当然お昼休み。
うまいこと患者来ないと一時間半くらいの休みになるから、そういうときはコーヒー紅茶の飲める店でゆっくりする。

しかし当然そう上手くいかないこともある。
今日も12時20分受付終了してるのに結局終わりは一時過ぎ。2時から午後の診察始まるし、違う仕事もあるから30分くらいしかない。

そんなときはササッと済ませるため、500円でマグロ丼の食える店にいく。

と、長い枕でしたが。


今日もそこへ向かっていたら、なにやら祭囃子。おお、お祭りやってんじゃん。

ずらーっと屋台が並んでる。モツ煮、ヤキソバ、串焼きなどなど。もちろんビールも。

こりゃあ寄らねばと思いつつも昼にビール飲むわけいかないし、時間もない。8時には仕事も終わるから、それから行こうと同僚の高岡君と話す。


そして8時に行ってみたさ。

終わってたさ。

ガーン。


ビール。ヤキソバ。串焼き。


ちょうど8時までだったみたいで、みんな片付けてる。鉄板に火の入っている所など一軒もな・・・・



あった!
一軒だけあった!

何屋だ?
何屋だ?
何売ってんだ?
何食えるんだ?


ねぱーる?やきそば?

ネパール焼きそば?

え―――――――――


明日は7時40分あがりなので、
明日を楽しみにすることにしました。
posted by boin(タ) at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

ビザなし

どうも。

今月いっぱい充電期間のつもりですので今月の更新は今回限りとなる予定です。

ワイハーに行ってきました。日焼けした顔が痛いです。常磐のワイハーといえども陽射しはあるようだ。

さてハワイアンズといえば何と言っても

スパ

でもなく、


メシ

でもなく、


フロ

でもなく、


フラ


でもなく、


ケン


なのです。


ハワイアンズのステージではフラダンスの前座的な扱いのファイヤーナイフダンス。ま、俺にはフラダンスなぞファイヤーナイフダンスのおまけみたいなもんだから、まともに見たことない。スタイルの良い姉ちゃんならそこらじゅう水着でウロウロしてるし。


ファイヤーナイフダンサー、ケン青木。

日本のファイヤーナイフダンスの第一人者。他のファイヤーナイフダンサーの師匠を勤めつつ、メインダンサーを張っているケン青木。


テクニック的には二番手ダンサーのアレックス裕仁もケンに近いものを持っています。むしろ若さを武器にダイナミックなダンスを見せてくれます。

しかし、ステージングとなると、やはりケンが一枚も二枚も上手。客席の煽り、乗せ方がうまい。オヤジギャグ風味ではありますが、常磐のハワイでは良く合うんだこれが。

そしてダンスの美しさ。
アレックスは若々しくダイナミックだけれども、荒っぽい。
ファイヤーナイフを股にくぐらせたり少し投げたりするとダンスのリズムが狂う。

対してケンはステージングが堂々泰然自若。余裕の演技。凄い技を見せていてこぼれる白い歯。絶対に限界を見せていないのに、超絶ステージングを繰り広げる。


ステージを降りると子供に変な顔をして喜ばせるケン青木。
ますますファンになりました。

来年もケンに会いに行きます。
posted by boin(タ) at 10:13| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

濁酒36

福田辞任。


一言だけ言わせていただきたい。



嫌われ松子の一生返せ。
posted by boin(タ) at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。